女将のひとりごと | 新着情報
2019年10月11日
奧の細道

今、まさに空前の俳句ブームが巻き起こっていますネ!

今日俳句をたしなむ人達の中で‼俳聖と讃えられている芭蕉

旅に病んで……夢は枯れ野をかけめぐる

俳聖,  松尾芭蕉最後の句です

庄内この地に数々の俳句を残して下さった奥の細道…

元緑2年3月27日江戸深川を弟子の會良と出発致し

芭蕉46才會良41才旅に出てから今年で330年となるのです

全国芭蕉ゆかりの33自治体が記念行事で「俳聖の火」の採火式が伊賀上野天神宮でおこなわれました

奥の細道で芭蕉が訪れるなどした33の自治体が芭蕉と仲間の句集「貝おほひ」を秦納した同宮で灯した火を

「俳聖の火」と名付けそれぞれの祭りや俳句大会などへ届けられたそうです

 

先日、出羽三山では、奥の細道俳句大会が行われました

「涼しさやほの三日月の羽黒山

羽黒山で詠んだ句でございます

丁度10月12日今日は芭蕉が生まれた日ですね何だか不思議な感じです!

夏井いつき先生も俳句大会盛り立てて下さいました!

IMG_20190930_075722

▲新着情報一覧へ